buscapiropos.com,柑気楼,ビューティー , ヘアケア・カラー・スタイリング , 育毛・養毛・増毛 , 育毛・養毛用シャンプー,ますますシャンプー,【薬用シャンプー】,1522円,/alluvious367500.html,56995 【66%OFF!】 薬用シャンプー 柑気楼 ますますシャンプー 56995 buscapiropos.com,柑気楼,ビューティー , ヘアケア・カラー・スタイリング , 育毛・養毛・増毛 , 育毛・養毛用シャンプー,ますますシャンプー,【薬用シャンプー】,1522円,/alluvious367500.html,56995 1522円 【薬用シャンプー】 柑気楼 ますますシャンプー 56995 ビューティー ヘアケア・カラー・スタイリング 育毛・養毛・増毛 育毛・養毛用シャンプー 1522円 【薬用シャンプー】 柑気楼 ますますシャンプー 56995 ビューティー ヘアケア・カラー・スタイリング 育毛・養毛・増毛 育毛・養毛用シャンプー 【66%OFF!】 薬用シャンプー 柑気楼 ますますシャンプー 56995

66%OFF 薬用シャンプー 柑気楼 ますますシャンプー 56995 高速配送

【薬用シャンプー】 柑気楼 ますますシャンプー 56995

1522円

【薬用シャンプー】 柑気楼 ますますシャンプー 56995


商品の説明

こだわり① 汚れをやさしくしっかり落とす

フケやかゆみ、多くの抜け毛は、頭皮トラブルのサイン。頭皮や髪に、皮脂や汗、汚れなどが残ると頭皮にダメージを与え、薄毛リスクを高めてしまいます。
洗顔料にも使われているやさしいアミノ酸由来の洗浄成分を3種、さらにコラーゲン由来・シルク由来の洗浄成分を組み合わせる事で、頭皮や髪への負担を抑えながら、優れた洗浄力を発揮。キメ細かいクリーミーな泡で、摩擦による抜け毛・ダメージを防ぎ、頭皮と髪をしっかり洗い上げます。

こだわり② ボリュームアップ処方・根元からふわハリ髪へ!

髪の量が少ない・細い場合でも、1本1本が根元から立ち上がると見た目の印象やボリューム感は違ってきます!ボリュームアップ成分配合(毛髪保護成分)で髪を補強。乾かすとふんわりハリコシの出る処方です。

こだわり③ 薬用地肌ケア&濃密艶・潤い浸透成分


年齢とともに増える髪と頭皮の悩みを計30種類もの美髪成分が効率的にケア!
髪のボリューム感の他に、髪の質感も若々しく見せるための重要なポイント。
特に毛先は、パサついてまとまりにくい部分。だからこそ、毛先までみずみずしくまとまりのある髪を保つことは、全身の印象を若々しく輝かせる重要なポイントとなります。

シャンプーは育毛の基本
元気な髪の成長には、清潔ですこやかな頭皮環境が欠かせません。生薬成分配合の本品なら、髪をキレイにすることはもちろん、毛穴を奥の皮脂や汚れまでしっかり落とし、潤いと弾力のある頭皮環境を整えることができます。

リンスのいらない薬用ボリュームシャンプー
少量でも泡立ちたっぷり。生薬成分に加え、天然由来の洗浄成分やたっぷりの保湿
・美容成分を配合した大好評の薬用シャンプーです。指どおりのよい上質な泡で皮脂や汚れを落とし、頭皮環境を整えます。洗い上がりがとてもよく、リンスの必要もありません。

●内容量/1本:500g
●有効成分/グリチルリチン酸ジカリウム
● 主な配合成分/アミノ酸系洗浄成分、天然シルク由来洗浄成分、天然コラーゲン由来洗浄成分、こんにゃくマンナン、真珠パウダー、3種の柑橘成分(青みか ん、ゆず、だいだい)、3種の海藻成分(褐藻、緑藻、紅藻)、11種のアミノ酸、2種のコラーゲン、2種のヒアルロン酸、セラミド

【薬用シャンプー】 柑気楼 ますますシャンプー 56995


サッカーレプリカユニフォームnavi  HOME














FA創立150週年記念エンブレム、金色に輝くスペシャルバージョンが公式発表に 

FA(イングランドサッカー協会)創設150週年記念エンブレムが、オフィシャルサイトおよび公式フェイスブック上で10月23日に明らかになった。FAの創立は1863年10月。節目の年を翌年に、また、節目の日を1年後に迎えるこのタイミングで発表されたスペシャルエンブレムは、現行エンブレムをベースにゴールドをメインカラーに据えた荘厳なルックスである。スリーライオンズを収めた盾の下には、アニバーサリーバージョンの証である「150 YEARS」のテキストを配したゴールドのリボンを設置。その左右をFAが創立した年「1963」と150周年の年「2013」の数字が挟みこむ。このエンブレムが搭載されるのは、2013年春より供給開始となる初代ナイキモデルのイングランド代表ユニフォームか? それとも、アンブロラストモデルとなる2012ユニフォームか?



●写真引用⇒FA公式サイト



スポンサーサイト





[ 2012/10/29 05:05 ] イングランド代表 | TB(0) | CM(6)

ウェールズ代表、2012アウェイユニフォームを2014WC予選vsクロアチア戦で投入 

2012年10月16日、クロアチアのスタディオン・グラドスキ・ヴルトで行われた2014WC予選グループA、クロアチアvsウェールズ戦で、ウェールズ代表が2012アウェイユニフォームを投入。白とグリーンにセパレートされたユニフォームをお披露目した。ウェールズ代表2011アウェイユニフォームが投入されたのは昨年の10月11日に行われたユーロ予選vsブルガリア戦。アウェイキットはアンブロがユニフォームサプライヤーとなった2010、2011モデルと連続して投入。今回の2012モデル登場で3年連続フルモデルチェンジが行われたことになる。旧モデルは「スレートグレー」というカラー名が与えられた濃いグレー基調だったが、新ユニはカラーリングを大幅刷新。前身頃は白とグリーンで構成、後身頃はグリーンの1カラーが展開されたひときわ目を引くルックス。胸にはアンブロのダイヤモンドロゴとFAWの協会エンブレムを搭載。両サイドには通気性を確保するためメッシュパネルがはめ込まれている。ポロネックのクラシカルなテンプレートは、赤基調のウェールズ代表2012ホームユニフォームと同一テンプレートだ。








[ 2012/10/28 10:05 ] ウェールズ代表 | TB(0) | CM(0)

アンブロの売価は180億円。ナイキとアイコニックス・ブランド・グループが売却契約を締結!! 

アンブロの売却先がついに正式決定した。ナイキがアンブロ売却の噂が海外メディアにより一斉に報じられたのは今年の5月末。あれから5ヶ月、ついに売却契約が正式に締結された。売却金額は2億2500万ドルで日本円にして約180億円。2008年にアンブロを買収した際に支払った5億2800万ドル、約670億円だったことから、金額面では大損となるが2013年よりイングランド代表、2013/2014シーズンよりマンチェスター・シティのキットサプライヤーの地位をアンブロから引き剥がしたことを考えると、大きな利益を獲得することに成功したと言えよう。




売却先となったのはアイコニックス・ブランド・グループ(Iconix Brand Group)。アイコニックとは「象徴的」の意味。同社はアパレル、フットウエア、ホーム用品、キャラクターブランドのライセンシーを2005年頃より次々と獲得、または傘下に納め、年間売上高は120億ドル(約1兆円)を誇る。グループ傘下のブランド一例として、キャンディーズ、バッジェリーミシュカ、エド・ハーディ、マッドドジーンズなどがある。ライセンシング企業としてはディズニーに次ぐ世界第2位の実力を持つ。

買収に際して、アイコニックス・ブランド・グループのCEO、ニール・コールは以下のように語ったもようだ。

「アンブロは世界中に多くのファンを持つ正真正銘の本格的フットボールブランド。今回の買収はアイコニックスにとって非常に魅力的な案件だ。全世界のパートナー企業と共にアンブロ伝統を守りながらブランドの拡大に力を尽くしたい」





[ 2012/10/27 15:55 ] ユニフォーム雑学 | TB(0) | CM(0)

【流出画像】バルセロナ、2013/2014アウェイユニフォームはセニェラのストライプか? 

バルセロナ13/14アウェイユニフォームの流出画像を捕獲!! スペイン「es(アス)」が報じたオレンジと黄色のカタルーニャ旗配色、セニェラ(Senyera)カラーのストライプをまとったリーク画像である。過去のバルセロナユニフォームには、後身頃のえり直下に小さなカタルーニャ旗がセットされてきたが、この画像が現実のものとなればバルサ史上初となるユニのカラーにセニェラを用いたものとなる。今のところ2012/2013シーズン用ホームユニフォームの情報は入ってきていないが、ストライプが復活すれば12/13ユニフォームはホーム、アウェイともにストライプとなる可能性がある。







[ 2012/10/15 10:10 ] バルセロナ | TB(0) | CM(0)

ニューカッスル・ユナイテッドのメインスポンサーにWonga(ウォンガ)が決定! 4年契約で合意に達する 

ニューカッスル・ユナイテッドがネット専業の消費者金融「Wonga(ウォンガ)」とメインスポンサー契約を締結を発表。ニューカッスル13/14ユニフォームより胸広告は同社のロゴが配置されることになった。2012年1月よりメインスポンサーとなったヴァージンマネーは、わずか1年半でパートナーシップを終了することになる。2012年10月9日にマグパイズ公式サイト上で発表されたNEWSによると契約期間は4年で、両者のパートナーシップは2016/2017シーズンまで続く。この契約によりニューカッスルは年間800万ポンド(約10億円)のスポンサー料をウォンガから受け取ることになるようだ。また、同社はセント・ジェームズ・パークの命名権を買い取り、2011年に「スポーツ・ダイレクト・アリーナ」と名称変更された同スタジアムを、もとの「セント・ジェームズ・パーク」に戻すことが決まっている。









[ 2012/10/14 10:10 ] ニューカッスル | TB(0) | CM(0)

マンチェスター・ユナイテッドとレアル・マドリードがサッカーユニフォーム販売枚数の世界一に輝く 

サッカーユニフォームを世界で最も売ったクラブはどこか? イギリスメディアの『sportingintelligence.com』が独自調査の結果を2012年10月8日に公式サイト上で発表した。調査対象期間は2007-08シーズンから2011-12シーズンの5年間となる。ナイキとアディダスがキットサプライヤーを務めるクラブを対象に、過去5年間の売上の平均販売枚数を算出したデータによると、世界No.1の座を獲得したのはプレミアリーグのマンチェスター・ユナイテッドとリーガエスパニョーラのレアル・マドリード。いずれも過去5シーズンに140万枚のサッカーユニフォームを売り上げ、2大キットサプライヤーの頂点に君臨するとともに世界一を分け合った。3位はバルセロナで115万枚、4位はチェルシーで91万枚、5位はバイエルン・ミュンヘンで88万枚と、ベスト5の顔ぶれはスペイン勢2チーム、プレミア勢2チーム、ブンデス勢1チーム。2年前の2010年に発表された結果と比較すると、バイエルン・ミュンヘンの躍進、リヴァプールの後退が見て取れる。セリエA勢のトップはユベントスの48万枚。次いでインテルが42.5万枚、ACミランが35万枚で続くが、リーガ2チーム&プレミア4チームに大きく水をあけられる結果となった。


2011/2012シーズンの1年間に限った販売枚数は以下のとおり。

●150万枚以上
レアル・マドリード、マンチェスター・ユナイテッド

●150万枚~100万枚 
バルセロナ、バイエルン・ミュンヘン

●100万枚~75万枚
チェルシー、アーセナル

●70万枚~50万枚
リヴァプール、ユベントス

●50万枚~25万枚
インテル、ACミラン、ボルシア・ドルトムント、パリサンジェルマン、
マルセイユ、マンチェスター・シティ










[ 2012/10/13 11:55 ] ユニフォーム雑学 | TB(0) | CM(0)

セルティックが125週年記念ユニフォーム、サードキットを発表 

SPL(スコティッシュ・プレミアリグ)11/12シーズンチャンピオンのセルティックが、クラブ創設125周年ユニフォームとなる12/13サードキットリリースした。新サードユニフォームは1888年5月28日に行われたオールドファームダービー、vsレンジャーズ戦においてセルティックが着用したユニフォームからインスパイアされたものだ。黒えりを採用した白基調ユニフォームの左胸には、ケルト十字架(アイリッシュクロス)を配置。当時のネックデザインはレースアップだったが、125週年記念モデルはポロネックが採用された。黒いパンツ、緑と黒のフープによるソックスは当時の配色を忠実に再現。メインスポンサーのTENNENT'S(テナンツ)ロゴはアイリッシュクロス直下に展開されている。











[ 2012/10/12 23:55 ] セルティック | TB(0) | CM(0)

グレミオユニフォーム2012スペシャル・エディション、アルゼンチンとウルグアイカラーを同時発表 

シーズン後半に入ったカンピオナート・ブラジレイロ2012。第28節終了時点で勝ち点53、首位を走るフルミネンセと9ポイント差の3位につけるグレミオが、アルゼンチンとウルグアイ両国のナショナルカラーを色濃く反映したスペシャルエディションのサッカーユニフォームを発表した。水色と白のストライプユニフォームはアルゼンチン人選手を、一方の水色のユニフォームはウルグアイ人選手を称えるべく作成されたもの。グレミオのメインスポンサー、リオ・グランヂ・ド・スル州立銀行「Banrisul」のロゴは、胸と背中の2箇所に配置されている。グレミオを代表するアルゼンチン人選手としてはマキシ・ロペスやレオナルド・アストラーダ、ウルグアイ人選手はセバスティアン・アブレウがいる。











フラムユニフォーム12-13サード、ゴールドのサッシュをまとったレトロルックで登場 

黒基調のフルハム12/13サードユニフォームが公式発表され、コテージャーズが2012/2013シーズンに着用するユニがすべて出揃った。昨年のサードはクラシカルな襟付きのゴールドユニで、投入されたのは8月28日のプレミア第3節vsニューカッスル戦。今季のサードユニフォームは昨年より約1ヶ月遅れとなる9月22日に敵地DWスタジアムで行われたプレミア第5節vsウィガン戦にてデビューを果たしている。テンプレートはKappaのコンバットでホームユニフォーム、アウェイユニフォームと同一だ。最大の特徴はなんといっても前身頃を右肩から左裾へ一気に横切るサッシュ。黒ボディに金と白のコンビネーションラインがひときわ目を引く。本来、胸に鎮座するはずのフラムのメインスポンサー「FxPro」のロゴは、エンブレム直下にサイズダウンしてセット。後身頃は黒の単色となる。デビュー戦はアウェイのフラムが1-2で勝利し12-13サードユニフォームの初陣を白星で飾っている。





エスコ ダイヤモンドバー(傘型/3mm軸) 4.0mm/90゚/55mm EA819DG-32







[ 2012/10/07 20:05 ] フルハム | TB(0) | CM(0)

レアル・マドリードユニフォーム12-13サード、今季チャンピオンズリーグキットは緑ユニ! 

UEFAチャンピオンズリーグ2012/2013において、ブンデスリーガ王者ドルトムント、プレミア
王者マンチェスター・シティ、エールディビジ王者アヤックスが同居する死の組グループDに入った
レアル・マドリード。今季UCLモデルとして投入されたのが、このはディープなトーンの緑ユニだ。
スリーストライプ、ネックのトリム、adidasパフォーマンスロゴ、欧州カップ戦用オフィシャル
ネームナンバーにみられるようにはシルバーを採用。ネック内側にもシルバーを用いたレアル・
マドリード創設110年記念スペシャルロゴが刻み込まれている。前身ごろのみに展開された細い
シャドウラインは、レトロ感を加速させるとともにユニフォームの好アクセントだ。マドリーが
公式戦で緑基調のユニフォームを着用するのは初めてのことだが、今から47年前の1965年8月25日、
ベネズエラの首都カラカスのオリンピックスタジアムで行われたフレンドリーマッチ、レアル・
マドリードvsリバープレート戦で非公式ながら緑ユニが着用された記録が残っている。新ユニ
フォームのお披露目試合となったのはUCL開幕戦直前の9月15日に行われたリーガエスパニョーラ
第3節セビージャ戦。敵地サンチェスピスファンに乗り込んだレアル・マドリードだったが1-0で
敗れ緑ユニのデビュー戦勝利はならなかった。











[ 2012/10/07 12:15 ] レアル・マドリード | TB(0) | CM(0)